久米島の真泊漁港に海人食堂がオープン!○○の車海老塩焼きが格安で食べられる!

このほど、久米島漁協協同組合が久米島町宇根の真泊漁港に直営店となる海人食堂をオープンされました。

ランチ営業のみで、全て新鮮な地元産の海の幸を使って提供されるとのこと。

漁協によれば、鮮度と価格にはまったく不安はないものの、未経験となる食堂経営には戦々恐々としているとのことです。

10月中旬に告知することなく、ひっそりと営業を始め、口コミが流れ始めた頃合いを見計らって、漁協ではネットを使ってPRを開始したそうです。

格安で食べられる車エビの塩焼き

真泊漁港には養殖場もあり、日本一の生産量を誇る車エビ。

5尾700円と大変格安で、お客が自ら網で焼く車海老の塩焼き。

日中に車エビを味わえる店が少ない中、島おこしのためにと販売をはじめたそうです。

車エビの塩焼きを注文すると、エビと網焼き用のガスコンロが運ばれ、お客さん自ら1、2分あぶり、身が赤く色づいた頃が食べ頃とのこと。


出典:久米島漁協協同組合

島特産の海洋深層水の塩をかけた車エビは、ぷりぷりした食感にとうまみが口の中にあふれるとのこと。

刺し身でも食べられる新鮮な車エビだからこし、レア気味でもまったく問題ないとのこと。

10月~翌6月の水揚げ期間は、ほぼ毎日取れたてのものが、7~9月でも生きたまま瞬間冷凍して鮮度を保った車エビが味わえるそうです。

オープンしたばかりということで、当然未訪問ではありますが、是非とも訪れて食したい一品であります。

週変わりランチも

名物の車エビだけでなく、ソデイカのマース(塩)干しやモズク入りお好み焼きもお客が自ら鉄板で焼くスタイルとのこと。

アーサやモズク、イカスミ入りジューシーに久米島そばなどのほかにも、週替わりメニューも用意されています。

今週の週変わりランチは、久米島近海魚の魚汁定食で、

  • 魚汁魚天ぷら
  • ソデイカ天ぷら
  • モズクかき揚げ
  • もずく酢の小鉢付き

が800円でいただけるとこのことです。


出典:久米島漁協協同組合

11月から天ぷらの提供もはじまりました

11月からは、

  • 久米島産マグロの天ぷら
  • 久米島産ソデイカの天ぷら
  • かき揚げ

の天ぷらメニューもはじまりました。

出典:久米島漁協協同組合

マグロの天ぷらは、大トロ部分を使っているということで、さぞかし脂が乗ってジューシーなんでしょうね。

こちらも訪問の際には是非とも食してみたいところです。

海人食堂

  • 住所:沖縄県島尻郡久米島町宇根414
  • 営業時間:9:00~16:00(食事は11:30〜14:00)
  • 定休日:土・日・祝日
  • TEL:098-985-8217

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です