初めての出張で泊まった旭橋のネストホテル那覇(旧:沖縄ポートホテル)の記憶を掘り起こす

泊まる

今から10年以上前になりますが、初めて沖縄に出張することになりました。

それまでは主にダイビング旅行で訪れていた沖縄なので、1人で来沖するのは初めてのことでした。

当時はマリンダイビングという雑誌に掲載されていたツアーを利用することが多かったので、1人部屋というのも初めてなので、まずはホテル選びから始めました。

過ごしやすいホテル

その当時、ネットでのホテル予約といえば旅の窓口(現:楽天トラベル)ぐらいしかまともに使えるサイトが無かった記憶があります。

グーグルマップもなかったので、ある程度目星をつけて静止画の地図を開き、それを見ながらビジネスホテルを探していました。

ビジネスホテルで絞り込んで検索していたところ、沖縄ポートホテルが目に付きました。

結局、同ホテルを予約することにしたのですが、その理由が成田ポートホテルの姉妹店ということだけだった気がします。

結局、沖縄ポートホテルには2、3度利用させてもらったのですが、それ以降は別のビジネスホテルを利用することに。

ホテルとしては申し分ないレベルだったのですが、何度か出張を重ねるうちに、打合せ→会食→那覇松山で痛飲という流れが定着したので、歩いて戻れるホテルを選ぶようになったという極めて個人的な理由です・・・

リニューアルでファミリーメインに

当然、シングルルームを予約したのですが、ネストホテル那覇になってからはシングルは無くなってしまったようです。

当時は5000円程で宿泊できたのですが、現在は1人でもツイン、ダブルに泊まることになるので、宿泊料金も昔のようなわけにはいかないようです。

一応、ビジネス客も対象にはなっているようですが、シングルがない以上、メインはファミリー層を中心としたお客さんだと思われます。

トリプル、フォースのほか、和室、和洋室と客室がリニューアルされているので、空港から近いという地の利もあり、インバウンドも意識されているのかもしれません。

今後、出張で使うことはほぼなさそうですが、家族旅行の場合は、那覇空港からタクシーで1000円弱というのは、むしろ有力な候補になりそうなホテルです。

沖縄でフォースルームまであるホテルというのは、実は探してもあまり無いため貴重かもしれません。

出典:ネストホテル那覇

また那覇のホテルでは珍しく、駐車場が平置きで50台も停められるのもレンタカー利用の場合は大変便利です。

離れた場所やタワー式の駐車場が当たり前なので、気軽に出し入れできるのはポイント高いです。

どこに行くにも便利な場所です

2階のレストランでは、朝食と昼食がバイキング形式で提供されています。

こちらはポートホテル時代と同様、変わりなく提供されているようです。

当時も朝食は利用させてもらっていましたが、打合せが午後だったりと、ランチをする機会があればデカ盛りでおなじみの、近くの波布食堂を利用したりしていました。

【閉店】那覇のお食事処 波布食堂のおすすめメニューと持ち帰り方法
盛りが多い沖縄の食堂の中でも、段違いの盛りっぷりで有名な「お食事処 波布」那覇ふ頭のすぐそばという、飲食店としては決して良い立地とはいえない場所ながら、地元の方にも人気なので営業時間中は常に賑わっている印象です。

ニッポンレンタカーが隣にあるので、あえて混雑する空港で借りるのではなく、タクシーやゆいレールでホテルまで移動後、レンタカーの手続きをすれば時間の節約にもなるのでオススメです。

沖縄でレンタカー借りるなら那覇空港はNG?外車も借りられるオススメレンタカー店
沖縄県内各地にさまざまなレンタカー会社の営業所がありますが、やはり旅行者向けとなる那覇空港周辺がもっとも多いと思われます。

空港近くでレンタカーを借りると、返却の時間も多めに見ておかないといけないので。

⇒ ネストホテル那覇の宿泊予約はコチラから

ネストホテル那覇

  • 住所:沖縄県那覇市西1-6-1
  • チェックイン:14:00
  • チェックアウト:11:00
  • TEL:098-868-1118

コメント