ハイアットリージェンシー那覇沖縄はリゾートとローカルが融和したホテル

沖縄の旅の拠点那覇に、昨年7月に誕生したハイアットリージェンシー那覇沖縄。

沖縄の風と水を感じるを客室コンセプトに掲げ、客室内は海をイメージした青や、燦々と輝く太陽を思わせるオレンジのカーペットが敷かれています。

沖縄の伝統工芸品も随所に配置され、サンゴを型どったメタルアートや琉球ガラス作品が飾られています。

ハイアットリージェンシー那覇沖縄 客室
出典:一休.com

那覇観光の新拠点

国際通りや壺屋やちむん通りといった、誰もが知る観光名所にほど近いホテル。

特に壺屋やちむん通りはホテル付近からはじまることもあり、古家の屋根の形や表情豊かなシーサーの違いをじっくりと楽しみ、その空気感が楽しめます。

ホテル近くに建つ桜坂劇場は、年間300本の映画が上映され、カフェや雑貨店などが併設、定期的に三線ライブが開催される文化の発信地です。

泡盛ベースのカクテルが楽しめるbar

最上階の18階にある、その名も「the bar」では、夜景とともに泡盛ベースのオリジナルカクテルが楽しめます。

ハイアットリージェンシー那覇沖縄 the bar
出典:一休.com

泡盛ベースの「ハイサイ」、ウォッカベースの「ニライカナイ」、泡盛の梅酒を使った「グスク(城)」など沖縄ならではのオリジナルカクテルが楽しめます。

ハイアットリージェンシー那覇沖縄 泡盛カクテル
出典:一休.com

最上階からの眺めは遮るものがなく、街歩きとは違う那覇の街を見ることができます。

朝食で食べたい島豚ソーセージ

朝食にオススメなのが2階のビュッフェレストラン「sakurazaka」桜坂を眺めるテラス席がキープできれば最高の朝食になること間違い無しです。

オリジナルの島豚ソーセージは是非とも食べたい一品です。フランクフルトのような大きなソーセージの中には、ジューシーな肉汁溢れる島豚がぎっしり詰まっています。

ハイアットリージェンシー那覇沖縄 島豚ソーセージ
出典:一休.com

それと忘れてはならないのが、日替わりのフレッシュフルーツと野菜を使ったスムージー。起き抜けの一杯に最適です。

その他、エッグスラッドや紅いもジャム、シークヮーサージャムといったオリジナル料理も美味なので、是非とも試して頂きたいところです。

ハイアットリージェンシー那覇沖縄 アクセス情報

  • 住所:沖縄県那覇市牧志3-6-20
  • TEL:098-866-8888
  • チェックイン:15:00 チェックアウト:11:00
  • 客室数:294室



→ 一休.comでハイアットリージェンシー那覇沖縄を見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です