本部でシーサー作り体験をしてマラサダドーナツアイスを食べる

美ら海水族館にも近い、本部町の瀬底島近くにあるもとぶ浜の駅

美ら海水族館への行き帰りにも気軽に立ち寄れる、国道449号線沿いのスポットです。

施設内にはシーサー作りのできるカフェや軽食が楽しめるお店が並んでいます。

手づくりシーサー体験

沖縄土産の定番といっても過言ではないシーサーですが、何度も沖縄に通ううちに自分でも作りたくなる方も多いはず。

シーサーは雌雄一対で、口を閉じている雌が災いを寄せ付けないとされ左手側に、口を開けている雄が福を招き入れるとされ右手側にペアで置く守り神です。

その基本さえ守れば、あとは何の制約もないのでは?と思うほど、自由な発想で作られているシーサーが県内中にあふれています。

ここ、沖縄シーサー作りカフェ アンテナでは、オリジナルのシーサーを粘土から作り焼成することもできますが、1からつくるのは苦手という方でも、素焼きのシーサーに色塗りして仕上げる絵付け体験もあります。

もちろん、1から作ったシーサーも焼成後、色つけすることができるので、こだわりのオリジナル作品をつくることができます。

また、小さなお子さん向けには、シーサーよりも簡単な美ら海水族館で人気のマンタとジンベイザメの素焼きへの色塗り体験もあります。

作品の待ち時間に

粘土からシーサーを作ると、約30分で素焼きに焼き上げてくれます。

この待ち時間を利用して美ら海水族館に行ったり、ビーチ遊びをしたりすることもできますが、お隣にあるカフェで過ごすのもオススメです。

宇宙で3番目においしい揚げたてマラサダドーナツアイスのお店という、一度では覚えられないトリッキーな店名ですが、看板メニューはもちろんマラサダドーナツアイス。

マラサダはイースト菌で発酵させたパン生地を揚げたドーナツのようなお菓子で、ハワイでは多くの専門店があるほど親しまれています。

そのハワイの定番の中にアイスクリームをインしたもの。

揚げたてマラサダの熱々と、バニラビーンズ粒が入ったアイスクリームは程よい甘さが意外にマッチしています。

宇宙で3番目においしいというのは確かめようもありませんが、言うまでもなくアイスはどんどん溶けていくのでゆっくり味わうというわけにはいきませんね。

沖縄シーサー作りカフェ アンテナ

  • 住所:沖縄県国頭郡本部町字崎本部671-1(もとぶ浜の駅)
  • 定休日:不定休
  • 営業時間:10:00~16:30
  • TEL:0980-51-6536

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です