古宇利オーシャンタワーはカートで展望台へ!駐車場やアクセスは?

日本航空のCMで嵐が撮影をした場所としておなじみの、ハートロックがある古宇利島。

その古宇利島にある古宇利オーシャンタワーは、2013年11月にオープンしました。

海抜82mからの周囲の景色を一望できるタワースポットです。

タワーへは自動運転のカートで

古宇利島はその昔、クイジマ(恋の島)と呼ばれ、沖縄版のアダムとイブの伝説のパワースポットの島として知られています。

恋の島を一望できる古宇利オーシャンタワーへは、無料で100台停められる駐車場から自動運転のカートでのぼっていきます。

ここ沖縄では、すでに無人運転という新交通システムが開始されていましたw

ゴルフ用のカートを改造したそうでうすが、タワーまでのおよそ5分間で古宇利島の歴史や観光スポットの紹介が自動音声でなされます。

展望フロア

タワーの2階と3階、屋上にある展望フロアからは古宇利島の周りに広がるエメラルドグリーンの海や古宇利大橋を一望することができます。

海底のサンゴによって、海の色が美しいグラデーションを作り出しています。

2階と3階の展望フロアからの景色は、ほとんど変わりがありません。屋上は開放感があるので、見た目というよりは空気感が違います。

展望台からは遠く沖縄本島の大宜味村や国頭村まで見ることができます。

展望以外にも楽しみが

古宇利オーシャンタワーでは展望タワーのほかにもさまざまな施設があります。

世界各国から集められた1500品種、1万点以上の珍しく美しい貝を展示する展示館ではパネルや映像シアターで貝の生態系を解説されています。

飲食店は、オーシャンカフェとレストラン アイランドブルーの2店舗があります。

レストランでは島豚アグーと地元特産品の古宇利カボチャを使った料理やスイーツが味わえます。

古宇利オーシャンタワーへのアクセス

古宇利オーシャンタワーへのアクセスですが、レンタカーなど自動車では那覇空港より高速の沖縄自動車道の利用で約1時間30分で到着します。

最寄りの許田ICで降車後、一般道で約35分ほどで古宇利島に到着。

一般道のみの場合、国道58号線を利用して約2時間ほどで到着します。

ほかには、バスで古宇利島へ移動することが可能です。

やんばる急行バスの運天港行きで今帰仁城跡入口で降車後、同じくやんばる急行バスの古宇利島への無料シャトルバスで行くことができます。

もし無料シャトルバスを利用する場合は、急行バスを利用する際、乗務員の方にやんばる急行バス乗車証明書を入手する必要があります。

この証明書を見せることで、古宇利島へのシャトルバスを無料で利用することが可能になります。

古宇利オーシャンタワー

  • 住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
  • 定休日:年中無休
  • 営業時間:9:00~18:00
  • TEL:0980-56-1616

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です