南城市の新原ビーチで食べる本格ネパール料理 食堂かりかのおすすめメニュー

沖縄本島南部の南城市にある新原(みーばる)ビーチ近くにあるネパールカレーの店食堂かりか

インドの名店で修行を積んだネパール人シェフが作る、本格カレーがウリのお店です。

沖縄で東南アジア料理といえば、すぐに南部地方が思い浮かびますが、各国の故郷に近いロケーションがあるんでしょうか。

天国と呼ばれる食堂

新原ビーチの白砂の上に広がったパーラーで、大海原を眺めながら本格ネパール料理を頂ける食堂かりか。

そんな非日常感というか、浮世離れした食堂かりかでは、店の奥にシャワールームもあり、海水浴をして腹ごしらえなんてことも可能。

台風が来たら休業、って何かの冗談なのかと思っていましたが、このロケーションを見たら納得です。

言ってしまえば海の家なんですが、海の家と大きく違うのはシェフがつくる本格ネパール料理にあります。

本格ネパール料理

食堂かりかの人気メニューのカレーですが、地元産の大量の玉ねぎにカシューナッツ、トマトと複数のスパイスを使い何時間もかけて作られたカレーベース(グレービー)が美味しさの秘訣。

じっくりと手間をかけて作られたカレーベースは、すべて無添加の手作り。

カレーは作り置きではなく、注文を受けてからカレーベースを使って一皿ずつ丁寧に料理されるので、提供されるまで時間がかかることも。

ここではスマホをいじることなく、水平線を眺めながらゆっくりと待ちたいものです。

500円サモサなど、単品料理とビールの相性も抜群。場所柄、車で向かう方が多いと思いますが、公共交通機関で訪れのんびりと過ごしたいお店となります。

アクセスと駐車場の注意点

食堂かりかのオープンテーブルでアルコールを堪能するためには、路線バスで行くことができます。

ゆいレール旭橋駅から県庁方面へ徒歩5分の上泉バス停から53番志喜屋線で約1時間ほど乗車し新原ビーチ入口で降車。

約1時間に1本間隔での運行で、料金は720円です。

レンタカーであれば、那覇空港からおよそ40分ほどで到着します。

が、ナビに食堂かりかと入力しても出ない場合があるので、その時は新原ビーチと入力すれば表示されると思います。

レンタカーの場合、注意したいのが駐車場です。新原ビーチに入ったところに有料駐車場がありますが、食堂かりかの駐車場はその先になる細い道の先にあります。

駐車場は食事をすれば90分無料になるので、間違えて有料駐車場に止めないように注意したいところです。

食堂かりか 店舗情報一覧

  • 住所:沖縄県南城市玉城字百名1360
  • 定休日:水曜日夜
  • 営業時間:10:00〜21:00(11月〜3月は18:00まで)
  • TEL:050-5837-2039

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です