那覇松山のステーキハウスチャコオキナワはランチがお得ですが、混雑するので予約必須です

沖縄有数の繁華街、那覇松山でリーズナブルなランチステーキを食べさせてくれるステーキハウス チャコオキナワ

国道58号線からの裏手の通りにある店内は、重厚なレンガ貼りの内装で高級感が漂います。

にも関わらず、美味しいお肉が食べられるということで、ランチ時は開店の12時前から並んでいる方が多く、予約をして来店するのが良いと思います。

古き良き正統派ステーキハウス

建物が密集する那覇・松山にあるチャコオキナワ、このあたりのお店同様、専用駐車場はありません。

そのため車で訪れる場合は、近辺のコインパーキングに止める必要があります。

ゆいレールの県庁前駅から徒歩5分程度なので、車を宿泊しているホテルなどに停められるのであればそちらの方が便利かもしれません。

いわゆる正統的なステーキハウスの装いで、白衣と黒ベストの正装(というんでしょうか)の店員さん。

ディナータイムは5〜6千円の価格帯でステーキが提供されています。

ランチステーキはリーズナブル

それに比べて、ランチタイムはリーズナブルにステーキをはじめ、ハンバーグ、ビーフシチュー、すき焼きが楽しめるということで、多くのお客さんが訪れます。

店内からはシェフが調理をする様子が伺え、黒々とした波型の鉄板の上で肉が踊っています。

ステーキ肉やハンバーグを斜めに置いて焼くことで、ダイヤモンドラインの焼き型が付けられていきます。

火力は炭火で、遠赤外線効果でじっくりと焼かれている模様。

沖縄のステーキハウスといえば、牛の形をした黒い鉄板にサーブされるイメージがありますが、チャコハウスではステーキが銀食器で提供されます。

ランチステーキでも焼き加減がチョイスできますが、鉄板のように食べている間に肉に火が通っていくことがないため、ミディアム・レアぐらいの焼き加減が良いかなと思いました。

ステーキ肉は脂身の少ない赤身肉、かの寺門ジモンさんも赤身肉こそが美味いと言っているし、登山で有名な肉山もほとんど赤身のコースですからね。

最後にたどり着くのは赤身肉ということなんでしょうか。

メインのステーキの前には、スープ、サラダが供され、食後にはコーヒーか紅茶がいただけるランチコース、リピする方が多いのも納得な満足コースです。

ステーキハウス チャコオキナワ

  • 住所:沖縄県那覇市松山1-6-22
  • 定休日:日曜日・祝日
  • 営業時間:12:00~14:00、17:30~21:30
  • TEL:098-868-6001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です