国際通りの三越跡に生まれた「琉球王国市場」はハピナハを経て食のテーマパークへ

国際通りの三越百貨店が閉店して早4年経ちますが、その後HAPiNAHA(ハピナハ)としてリニューアルされたものの、去年営業を終了しました。

ハピナハにあったよしもと沖縄花月もとまりんアネックスビルに移転。

同じく、ハピナハで営業していた沖縄おもろおばけ屋敷は閉館してしまいましたが。

元々、期間限定の契約だったようで、予定通りの移転ということみたいですが。

国際通りで芸人さんやスタッフたちが集客する姿も見られなくなりましたが、今月、琉球王国市場として再スタートを切りました。

国際通りの真ん中

12月1日に開店したということで、まだ未訪問の琉球王国市場ですが、来月の那覇行きに備えて下調べをしてみました。

地上5階、地下1階の建物のうち、地下1階で全国の特産品や酒類の販売を、地上1階では主に和食、洋食、スイーツなどの飲食提供、2階では高級志向の飲食店と色分けしているようです。

3階は元の造りを活かし、常設劇場となる予定。

4階、5階も現時点ではテナント入居予定ということしか分からないので、実際に訪問して確かめてみたいと思います。

気になったショップ

現在47店舗が出店中の琉球王国市場ですが、気になったショップをいくつかチェックしてみました。
(訪問の際の自分メモ)

☆クラフトビールステーション

人気沸騰中のクラフトビールを6種類が用意されているとのことですが、調べてみた限りでは銘柄までは分かりませんでした。

もし同名の店舗展開であれば、反射炉ビヤのクラフトビールが飲めるかも?という若干の期待を持って訪れたいと思います(違うかな・・・)

☆琉球海鮮市場

すぐ近くに第一公設市場があるにもかかわらず、あえて海鮮市場として出店するからには、差別化された何かがあるに違いない。

と思うので、こちらも来店候補。

☆金城からあげ 鶏どり

伊江島で長年民宿を営んでいる金城おばあの秘伝のレシピ、ということで何気に期待しています。

シークワーサーや黒糖などを使用したオリジナルからあげとのこと、何種類かあるようなので全種類いってみたいところです。

☆上地屋CAFE

こちらは当日の天候次第ですが、もし暖かければ食べてみたい黒糖カキ氷。

黒糖和三盆を贅沢に振りかけた、数量限定のプレミアムかき氷狙いです。

店舗のラインナップを拝見するに、全国から万遍なく出店している印象です。

国際通りという場所柄もあり、地元の方には高く感じられる値段設定のようですので、インバウンド向けの施設なのかなという気もしています。

琉球王国市場

  • 住所:沖縄県那覇市牧志2-2-30
  • 営業時間:11:00〜22:00
  • 定休日:不定休
  • TEL:098-975-7781

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です