【珍百景】恩納村の山田水車屋には、沖縄そば屋なのに店主●●のバンジーブランコが!?

探偵ナイトスクープや何これ珍百景でも紹介された沖縄そば店山田水車屋

沖縄そば屋にも関わらず、なぜ旅番組ではなくナイトスクープや珍百景で紹介されるのでしょうか。

それは沖縄そばよりも、手づくり絶叫マシンで有名なお店だからなんです。

沖縄そば屋ですが

那覇市内か国道58号線を北上すること約1時間。

沖縄本島のリゾート地の1つ、恩納村に突如現れる2本の赤黄に塗られた柱。それこそが山田水車屋のシンボルであり目印です。

山田水車屋は「てびちそば」と大きく書かれた看板がある通り、沖縄そば屋であることは間違いありません。

しかし、ただの沖縄そば屋ではないことは、敷地内に数多く設置された店主手づくりの自作遊具が多数設置されていることからも伺い知れます。

2本の柱に吊られたバンジーブランコが一番人気のアトラクション(?)であり、ナイトスクープや珍百景が訪れる理由でもあります。

手づくりバンジーと聞いただけで大丈夫なのか?と心配してしまいますが、店主いわく、今まで誰もなんともなかったから大丈夫とのこと。

それ以上は確認のしようもないため、普通のバンジーでは味わえない、壊れかけのジェットコースターのような恐怖感を味わうことができます。

バンジーそばセット

バンジーブランコへの乗車方法ですが、乗車してブランコ内の椅子に座ると電動ウインチでかなりの高さまで持ち上げられます。

そしてストッパーを外すとブランコが振り子運動を繰り広げるというもの。

ものすごいスピードで前後運動をするというよりは、轟音とともに色んな意味でガタピシしていて恐怖感を感じるものみたいです。

なんといっても手づくり感満載なので、下車するまで一瞬たりとも気が許せないという状況が絶叫マシンと呼ばれるにふさわしい点かと。

そして店主のおすすめが、1000円のバンジーそばセットです。

500円の水車そばに、750円のバンジーブランコがセットになったものです。

肝心の水車そばですが、いわゆるソーキそばですが、実はとても美味なんです。

濃いめのスープに平打ちの沖縄そばがうまく絡まり、ソーキはじっくりと煮込んでいるからでしょうか、柔らかく軟骨までなんなく食べることができます。

その他にもてびちそばやソーキそばの他、鯖そばやちまぐそばなどの一風変わったそば類もラインナップ。

さらに中身汁や野菜チャンプルー定食、パパイヤ炒め定食、ゆしどうふなどの定食系メニューも用意されていて、ついついアトラクションに焦点があたる山田水車屋ですが、ていねいに調理されているので、バンジー無しで訪問しても良いお店だと思います。

山田水車屋

  • 住所:沖縄県国頭郡恩納村山田1309-1
  • 定休日:盆、正月
  • 営業時間:10:00~日没
  • TEL:098-965-4757

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です