県庁前のデパートリウボウに地産地消の樂園CAFÉが誕生!メニューは人気店●●が担当!?

ゆいレール県庁前駅から徒歩1分のデパートリウボウが、ライフスタイルブランドとして2017年から雑貨を中心展開している樂園百貨店

その新展開として、地産地消のカフェ樂園CAFÉが10月23日にオープンします。

沖縄ならではの食材を使った飲食物を提供し、地産地消、からだにも美しいをコンセプト約30種類のメニューが用意されるようです。

デパートリウボウの2階にオープンするカフェは、全94席でテラス席もあるとのことです。

メニュー開発は浮島ガーデンが

カフェのメニューですが、那覇で人気の島野菜レストラン浮島ガーデンを運営する南西食堂が担当されるそうです。

ヨルナンデスで絶賛された那覇松尾のマクロビレストラン浮島ガーデンの●●タコライス

浮島ガーデンでは肉や魚、乳製品も一切使わずに無農薬の島野菜料理を提供しているので、樂園CAFÉのコンセプトにマッチしていますね。

完全菜食主義となるビーガンの人に対応したメニューも用意されているとのことで、必要不可欠なパートナーなんでしょうね。

メニューは島豆腐を使ったタコライスや沖縄県産雑穀米のおむすび、県産野菜のスムージーなど訪日外国人も意識しているようです。

リウボウデパートでは、すでに台湾などで限定ショップを展開し、ブランドの認知度向上を目指しています。

3食対応です

樂園CAFÉは朝8時からモーニングが提供され、ランチ、夕方からはバーとして営業されます。

朝食メニューとして提供されるのが、沖縄の伝統的料理のかちゅー湯と玄米おにぎりのセット
です。

かちゅー湯とは、花かつお(かちゅー)と味噌などを加えてお湯を注いだアミノ酸たっぷりのスープです。

朝ごはんにはもちろん、風邪を引いたときや二日酔いの時に飲む人も多いスープ。

沖縄の食文化の魅力と奥深さを国内外の観光客に伝えるべく、メニューが用意されています。

充実メニュー

樂園CAFÉでは朝食セット以外にも、県産食材にこだわったオリジナル料理が用意されています。

  • 島豆腐を使ったヘルシーな「樂園ベジタコライス」
  • 県産の和牛を使った「県産和牛の樂園バーガー」
  • 雑穀の食文化を継承した「沖縄雑穀の黒糖パンケーキ」「雑穀のスコーン」
  • ヴィーガン対応の「樂園トロピカルパフェ」
  • 全国コーヒー焙煎チャンピオン「豆ポレポレ」(沖縄市)監修によるオリジナルブレンドコーヒー

メニューの名前は仮とのことなので、オープン後にメニュー名を確認して追記していきたいと思います。

樂園CAFÉ

  • 住所:沖縄県那覇市久茂地1-1-1 デパートリウボウ2階
  • 定休日:1月1日
  • 営業時間:8:00~21:00(L.O20:30)
  • TEL:098-867-1171

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です