那覇で三線ライブを楽しみながらお酒が飲めるオススメ店

沖縄では三線を聞きながらお酒を呑める店は少なくありません。

あっぱりしゃん入口

ゆいレール県庁前駅から徒歩5分の「あっぱりしゃん」もその一つ。

ガイドブック等でオススメされているのか、最近では平日でも予約無しでは入れないこともあるほどの人気店です。

あっぱりしゃん店内3階

隠れ家民謡酒場

国際通りの喧騒から少し離れた久茂地川沿いの静かな通りにあるお店の入口は2階にあり、2階と3階が店舗になっています。

あっぱりしゃんカウンター席

2階には丸太のイスのカウンターもあり、お一人様で来ている方も多数。

お客さんは観光客と思しき人が多く見られる、というか三線ライブの前にどこから来たか聞かれるので、お客さんのほとんどが県外だと判明するのですが^^;

家族連れも多く、県外からのリピーターも多いお店のようです。

ステージがあるわけではなく、料理がメインで三線ライブはサブ、という位置付けが心地良く。

ライブメインの大きな民謡酒場のように無理矢理踊らされるのではなく、踊りたければ踊るというスタンスが良い感じ。

あっぱりしゃん店内2階

苦手だったアレを頂いてみた

石垣島出身のオーナーの店ということもあり、メニューには八重山や石垣と名前がつく料理も多くあります。

スポンサーリンク

石垣牛ハンバーグはつなぎ無しで柔らかくジューシー。八重山そばもメニューにあるのですが、オリオン生ビールを飲んでしまうとたどり着くことができません…

チャンプルーメニューも豊富で、ゴーヤに豆腐、ソーメン、イカスミソーメンと種々あるのですが、特に美味しかったのがフーチャンプルーとスーチカーともやしチャンプルー。

フーとはお麩のことですが、スーチカーは豚の三枚肉を塩漬けにしたもの。

スーチカーだけでも美味しいのですが、炒めるとさらに旨味を感じられました。

また、ヤギ汁の味が苦手だったので避けていたヤギ料理。

ヤギ刺し

ですが、あっぱりしゃんのヤギ刺しは弾力があり、多少のクセはありますが全然美味しく食べられました。ヤギはちょっと…という方でもイケると思います。

三線ライブの時間

開始時間は特に決まっていないようですが、20時過ぎからが多いようです。

大体4〜5曲程度のミニライブなので、21時前にはほぼ終わっている感じ。

ライブチャージは無しで、純粋に島唄を楽しんでほしいというオーナーの心意気を感じます。

BEGINの「オジー自慢のオリオンビール」や「ハイサイおじさん」といったメジャーな曲が中心なので、スッとライブに入っていけます。

あっぱりしゃんライブ

あっぱりしゃん アクセス情報

  • 住所:沖縄県那覇市久茂地3-23-8 2F
  • 営業時間:17:30~25:00
  • 定休日:年中無休
  • TEL/FAX:098-861-1112

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です