カツオの町で絶品漁師料理が食べられる海の幸食堂 さしみ亭

スポンサーリンク

カツオ漁が盛んな本部町で本場のカツオのうまさを味あわせてくれる「海の幸食堂 さしみ亭」

本部といえば地元の人が思い浮かべるのがカツオ。

鮮魚店からスタートしたこのお店は、地物カツオと店名そのままの地魚の刺身が自慢のお店です。

新鮮なカツオ料理

店内はテーブル席と小上がり席、何よりも目につくのが鯉のぼりのごとく悠然と飾られている鰹のぼり。


言うまでもなく、看板メニューはカツオ料理の数々。

カツオの刺身も人気ですが、地元の人たちは漁師料理の味噌和えを好んで注文するそうです。


オリジナルの味噌ダレで和えたカツオのうまさに酒もご飯も進みます。

脂ののったカツオの腹皮の天ぷらや新鮮な海ぶどうなどと合わせて食べれば、本部の海の幸を満喫できること間違い無しです。


カツオが揚がらなくても

さしみ亭の名物はカツオですが、ときにはカツオの水揚げがない日もあります。

そんな日のオススメは、5点盛の刺身定食。

魚の種類は日替わりですが、5種類の刺身が食べられるのはとてもお得感があります。

その他にも、とんかつ定食や生姜焼き定食など肉類のメニューに加え、魚のバター焼き定食、もずく天ぷら定食、白身照り焼き丼などのメニューも充実しています。

スポンサーリンク


カツオなどの魚のみにとどまらず、野菜や肉にも強いこだわりを持って仕入れているそうなので、魚が苦手な人と一緒に訪問しても安心です。

お持ち帰りも人気です

先代はかまぼこ店を営んでいたそうですが、その後、鮮魚店になりこの食堂を併設するようになりました。

店長手作りのなまり節やカツオの身がたっぷりと入ったアンダンスー(自家製味噌)などのお土産も人気。

また刺身の移動販売も行っていて、週に1回は本部町の集落を回っているそうです。

魚の美味しさを地元の人にはもちろん、県外の方にも知ってもらいたいとの思いからイベントなどにも積極的に出展を続けているそうです。

こうしたお店の料理が美味しくないはずがないですね。

海の幸食堂 さしみ亭 アクセス情報

  • うみのさちしょくどう さしみてい
  • 住所:沖縄県国頭郡本部町大浜882-7
  • 定休日:水曜日
  • 営業時間:11:00〜14:30、17:00〜20:00
  • TEL:0980-47-5523
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です