恩納の青の洞窟でシュノーケルツアー後にスタッフおすすめの読谷村の花織そばに行ってみた

ずいぶん前のことなのですっかり記憶の彼方にあったことですが、真栄田岬の青の洞窟に男3人でシュノーケルツアーに行きました。

その時お世話になったのは、ネイチャーサービスマハエ恩納村店というショップ。

普段は集合場所である真栄田岬の駐車場から、階段を降りてシュノーケリングをするそうなのですが、当日はあいにく波が高く、漁港から青の洞窟までボート(漁船?)で移動しました。

私はダイバーなので多少の船の揺れは耐えられたのですが、同行した2人が思い切り酔ってしまい、シュノーケリングが終わってもかなりつらそう・・・

とはいえ、午前中に青い洞窟を楽しみ、自分だけお腹が空いていたので、スタッフさんのおすすめする読谷村の花織そば(はなういそば)に行くことに。

遅めのランチタイムでも混雑しています

食べログで調べるのも良いですが、やはり地元で日々食べている方のおすすめの方が圧倒的に信頼できると思っているので、ショップを後にして花織そばへ。

一応、お店の横に駐車場はあるのですが、ガードレールの切れ目から車を入れて停めるため、結構面倒くさかった記憶があります。

地元常連客の方は、すんなり停められてましたが。

食欲のなさそうな2人を連れて入店、13時30分を過ぎた頃でしたが、店内は満席で5分ほど待ちました。

土曜日だったからかもしれませんが、平日でも地元のお客さんでにぎわっているようです。

変わり種メニュー

メニューをパラパラと見ていると、レバニラそばやカレー野菜そばなど、あまり見かけないラインアップが目に付きます。

何度も訪問する機会があれば、それらも試してみたいところですが、なかなか来れないと思うとついついオーソドックスなチョイスに。

結局、中味そばを注文し、友人はポークたまご定食ととんかつ定食をそれぞれ注文。

船酔いしているのに、とんかつなんて食べられるわけない!と思いましたが、案の定半分ほどで断念していましたw

船酔いって体質によると思いますが、なかなかに回復するのが遅かったりします。

まぁそれも含めて思い出ということで。

かなりボリュームがあります

お店では定食よりそばの方が早く来るようで、自分の中味そばだけが先に到着。

思いの外、中味(モツ)の量が多く、モツ好きにはたまらないところです。

出汁はカツオぶしの風味が強く、しっかりとした味わい。

元気のない2人にもおすそ分けしたところ、弱々しく美味しいと申しておりました。

麺は太めの縮れ麺で量も多く、具の多さと合わせると十分に満足できる量。

友人たちが頼んだ定食は、さらにボリューミーで当然のことながら完食することができず、だいぶ手伝ってなんどかおかずだけは片付けました。

体調が良い時にリベンジしたいと申してましたが、あれから6年、いまだリベンジは果たせておりません。

花織そば

  • はなういそば
  • 住所:沖縄県中頭郡読谷村波平2418-1
  • 営業時間:11:00~18:00
  • 定休日:水曜日
  • TEL:098-958-4479

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です