沖縄市泡瀬漁港のパヤオ直売店 大漁日には刺身が食べ放題に!

スポンサーリンク

安い、美味い、早いが自慢の人気漁港食堂、パヤオ直売店。泡瀬漁港の沖縄市漁業協同組合内にある食堂は、漁港からおよそ2時間の場所にあるパヤオ(浮き漁礁)で捕れた魚を調理してくれます。

食堂の隣りの鮮魚コーナーでは、選んだ魚を調理してもらえるので、並んでいる魚はすべて食べらるんですね。

仕込みに力を入れ、注文後のスピード提供もお店のウリだとか。海鮮ファーストフードですね。

皮がパリッとした魚のバター焼き

メニューには魚のバター焼き定食ですが、沖縄では定番の魚料理でガーリックとバターたっぷりの白身魚がいただけます。

地中海料理のような風味で、食欲が刺激される料理です。出来立てで提供される魚のバター焼きは、油が沸騰して飛びハネるので、注意が必要です。

パリッとした皮とバターが効いた白身の魚のマッチングが最高で、大きめの魚1匹ですが、意外に食べられてしまいます。

スポンサーリンク

イセエビのウニソース焼き定食

マグロ丼や魚バター焼きと並んで、食堂で人気なのが伊勢エビウニ焼き定食。殻の中にたっぷりと詰まったイセエビの味。その上には香ばしく甘いソースがたっぷりと。

ご飯にのせて食べてもおいしいイセエビウニ焼きですが、 市販品ではウニとうまく合わないと、ベースとなるマヨネーズもお店で開発したそうです。

こだわりの看板メニュー、甘みがたっぷりで贅沢な気分に浸れます。

生マグロが食べ放題の大漁祭り

パヤオ直売店では大漁日限定のイベントがあります。

定食類限定ですが、「本日マグロが大漁」と書かれた札が乗せられているとラッキーデイ。

お刺身がおかわり自由という、太っ腹サービス。運が良ければ巡りあえますが、大漁かどうかは行ってみないと分かりません。

その日の運試し、程度で楽しむのが良いみたいです。

パヤオ直売店 アクセス情報

  • 住所:沖縄県沖縄市泡瀬1-11-34
  • 定休日:なし
  • 営業時間:10:30~18:00(4~9月)10:30~17:30(10~3月)
  • TEL:098-938-5811
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です