東京から沖縄へ格安で行くためのおすすめ方法

スポンサーリンク

シーズンや航空会社によって、沖縄に行くための費用は随分と違ってきます。

移動のためのお金はできるだけ抑えて、現地で有意義に使いたいところです。

早割やLCCの利用


比較的旅行までの時間がある場合、JALやANA、スカイマークの早割とLCCの料金を比較して最安のエアを予約すると良いと思います。

格安航空券予約サイト スカイチケット でJAL、ANA、スカイマーク便をまとめて比較検索できます。

現在、那覇行きのLCCはジェットスターとバニラ・エアの2社となっています。

⇒ ジェットスターはコチラから

⇒ バニラ・エアはコチラから

おそらく、JALなどのキャリアよりもLCCの方が安いと思いますが、重量のある手荷物は別料金になるので、あらかじめ想定される荷物分を航空料金に加算して比較する必要があります。

航空券だけの単純比較をすると、トータルでLCCの方が高かったなんてことにもなりかねませんので。

株主優待券

JALとANAではおなじみの株主優待券を使用することで、正規料金のおよそ半額で沖縄に行くことができます。

株主優待券は金券ショップやネットで購入することができますが、シーズンにより3千円〜7千円程で購入することができます。

オフシーズンであれば株主優待券よりも早割の方がお得なことが多いので、事前に比較検討することをオススメします。

ホテルパック


スポンサーリンク

夏などのハイシーズンでは、早割などの割引は速攻で無くなってしまうことも少なくありません。

旅行の直前では使えませんが、2週間前程度であれば旅行代理店のホテルパックがお得です。

ホテルパックであれば航空券だけを買うよりも安い場合が多いので、探してみる価値はありそうです。

連れはマイルではありませんか?

JALやANAであればマイルでの往復は定番だと思います。

とはいえ、マイルが有り余っている方であればいざしらず、普通にマイルを貯めているだけでは年に1回程度しか使えないのではないでしょうか。

もし一緒に行く方がマイルで行くのであれば、JALであれば「おともdeマイル割引」、ANAであれば「いっしょにマイル割」というお得な制度があります。

自分がマイルを持っていなくても、同行者がマイルで行くのであれば、同伴のあなたも通常料金よりも安く飛行機を利用することができます。

キャンペーンの利用

ジェットスターやバニラ・エアでは定期的におトクなキャンペーンを打っています。

もし旅行日程が決まっていない場合は、キャンペーンに合わせた日程を組むことで、かなり安く沖縄に行くことが可能です。

あわせて読みたい

沖縄でレンタカー借りるなら那覇空港はNG?外車も借りられるオススメレンタカー店

冬こそ沖縄旅行!?コスパ抜群なのにバカンス気分が満喫できる!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です